お問い合わせ

環境とともに

持続可能な社会をつくり、豊富な地球環境を次世代に残していくために、環境負荷削減につながる取り組みを積極的に行っていきます。

木質バイオマス

「バイオマス」とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」のことを呼びます。そのなかで、木材からなるバイオマスのことを「木質バイオマス」と呼びます。(林野庁より引用)

ファーストウッド(株)は、木質バイオマスを有効活用しています。製材するときに出てくるオガクズは、キノコや牛舎の床用に、チップは製紙会社の紙の原料にすることができます。

また、自社工場から排出されるバーク(木の皮)、オガクズなどを大型自家発電付きボイラーの燃料として活用し、木材乾燥に必要な蒸気と工場操業に必要な電気を効率良く得ています。

さらに、全国で処理に困っている木材の端材を回収し、再生を図る事業の構築にも取り組んでいきます。

ファーストウッドの工場は木質バイオマスで動いています。

太陽光発電事業

環境負荷を低減し、次世代まで安心して利用できる「再生可能エネルギー」の普及促進は、依然として求められています。

そこで、一建設(株)及び(株)東栄住宅は、「再生可能エネルギー」を創出することを目的として太陽光発電設備の設置・運用を行っています。

主力事業である戸建分譲事業以外の土地活用の一つとして、土地仕入の際に寄せられる多くの情報や、所有する遊休地の活用につながっています。

太陽光発電事業

企業の森事業

(株)東栄住宅は、CSR活動の一環として、東京都と公益財団法人東京都農林水産振興財団が推進している『企業の森』事業へ、木造住宅供給事業者としては初の参画をしています。社員一人ひとりが環境保護活動に取り組むことで社会貢献できる企業となり、また、実際に社員が「森づくり」を体験することで、苗木が木へと成長するまでの年月、大変さを実感し、資材を「大切に扱う」ことのできる社員を育成したいと考え、現在、あきる野市と青梅市(2016年植樹予定)の2箇所で企業の森活動を行っています。

企業の森事業
  • ※「企業の森」とは
    企業の協賛により「花粉の少ない森づくり」を進めていく事業です。多摩地域のスギやヒノキ等の人工林を伐採し、花粉の少ないスギ等を植栽することにより樹種更新を図り、多摩地域から発生するスギ花粉量の削減を目指します。

木づかい運動

木づかい運動

(株)アーネストワンは、特定非営利活動法人活木活木(いきいき)森ネットワーク主催の木づかい運動において、林野庁長官から感謝状をいただきました。

木づかい運動とは、地球温暖化を防止するために林野庁が取り組んでいる運動です。国産材の積極的な利用を通じて山村を活性化し、CO2をたっぷり吸収する元気な森林作りを進めています。

(株)アーネストワンは、国産の木材を使用した戸建住宅の供給を積極的に行っており、この取り組みが「国産材を大量に供給するとともに、その意義や良さについて積極的に紹介を行った」として表彰されました。