気候関連リスク・機会に対する取締役会の監督と、
評価、管理する上でのマネジメントの役割

推進体制

当社は、取締役会による監督のもと、代表取締役社長を委員長とし、主要グループ会社の代表取締役を委員とする「サステナビリティ推進委員会」を設置しています。同委員会の下部組織として「サステナビリティ推進部会」を設置しており、サステナビリティ推進委員会での決定事項をグループ一体となって、統一的推進しています。

取締役会

取締役会は、サステナビリティ推進委員会で審議した方針や目標、施策推進状況等の報告を受け、重要事項については決議を行い、サステナビリティに関する執行側の取り組みを監督します。

サステナビリティ推進委員会

サステナビリティ推進委員会は、「サステナビリティ推進委員会規程」に基づき、サステナビリティに関する基本方針・戦略・目標の策定、施策の進捗管理・評価、下部組織を通じたグループ会社への指示・管理などを行っており、気候変動に関する課題にも取り組んでいます。

サステナビリティ推進部会

サステナビリティ推進部会は、サステナビリティ推進委員会の下部組織として、主要グループ会社のサステナビリティ担当者で構成され、定期的に開催しグループ会社全体のサステナビリティに関する具体的な取り組みや課題に関して改善活動を進めています。サステナビリティ推進部会を通じて、グループ一体となってサステナビリティに関する取り組みを推進しています。